このブログを見ている皆さん、前回のブログを書いたスタッフ。

涼です!

7月より暑いですね…


8月7日の町民劇練習、な、なんと!!ほぼオールメンバーでした!!!!
練習用の道具を使い、展開稽古など練習していました。


8月の7、8日、富岡プラス会議室と学びの森をお借りして練習いたしました。


皆さん、7月よりもセリフを思い出して展開もやってるうちに良い感じになっています。



個人たちで集まって練習しているという声も聞いています。
まだまだ応援よろしくお願いします!







---------------------------------------------------------------

青木先生のお言葉 第二弾!

そこには上手も下手も、プロモアマも無いと思う。
演劇はあり自分をまずは知ることから始まるし、一緒に舞台作っていく相手を知ろうとするし。私は人として生きていく最高の自分探しだと思ってます。
禊だと。
その意味で、私はホームの皆は、1月のあの日、しっかりと自分を届けていたし、相手を受け止めていた。だから、こんなにお互いが忘れられず、また一緒にやりたいと思うんだと思います。
私も何回も芝居を作ってきましたが、いつでも、また同じメンバーでやりたいと思う訳ではありません。2度とやりたく無いと思う出会いもあります。
それは、自分しか見ていなかったり、届いているかどうかなんて全然気にしなかったり、相手を受け止めようとしなかったり、そういう人と一緒の時は、2度やろうとは思わないのです。
その意味で、ホームのメンバーは最高でした。
だから、また、素直な気持ちで自分を届けられるはずです。

---------------------------------------------------------------


皆さまお久しぶりです。
梅雨も明けて猛暑になりつつもある7月ですが…どうお過ごしでしょうか?


東京公演が決まり練習に励むキャストの皆さんでございます。



練習の日…なかなか都合が合わず、セリフもまだうろ覚え…

しかし!皆さん必死に頑張っております!!
怒られつつもですが(笑)




DSC06381.JPG


ここで青木先生のお言葉を載せます

---------------------------------------------------------------------------------------------------

皆で少しずつレベルアップ考えないと、部分的に落ち込んでるままで演出が来た時、そこだけに演出の時間が割かれると全体が進まなくなりますから。
稽古時間が少ないのですから、出来るだけ通しが重ねられないと不安ですよね。

通しを可能にするには、パイプに水を流すのと同じですから、パイプの形や太さは直してもらうとしても、せめて水が流れるやうにはしておきましょうよ。

再演は大変ですけど、初演より絶対に安心感はあります。どう考えてもセリフは一度頭に入ってるわけですし、役作りだってそれぞれ頑張ってやったはず。
そこは自分を安心させてもいいと思います。
その上で、もっと‼️と思うことです。初演の時の何だかわからない闇の中よりは、ある程度目の見える状態で道を探す利点はあるのです。

不安にだけなるのではなく、絶対初演よりはいい表現ができるはず!という信念は持ちましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
とても良いお言葉ですね、みなさんのこれからの成長にスタッフは心より応援します!

町民劇 東京公演メンバー再集結!

1月26日(土)に双葉郡富岡町で公演したメンバー
・キャスト 22名
・校歌を歌い隊 7名
・踊りの会 10名
誰一人欠けること無く全員が参加表明!!!

10月29日(火)に東京で上演される
「ホーム〜おばあちゃんが帰る日〜」始動です!

チラシ

でもってはじめの一歩!!

東京公演参加者 初顔合わせ
2019年6月28日(木) 18:00〜
ふたばいんふぉ


元気にお逢い出来るのを楽しみにしております!

「ただいまぁ〜〜」
「おかえり〜〜」が合言葉です!!!

(k)

町民劇「ホーム~おばあちゃんが帰る日~」
2019年1月26日に富岡町で無事公演終了しました!

また、DVDもご購入いただけて、本当に嬉しいです!
町民劇DVD予約フォーム

東京公演決定です!
場所は…国立オリンピック記念青少年総合センター
上演日は…2019年10月29日(火)

皆さま!東京公演の成功にむけて
応援よろしくおねがいいたします!

夜の森の桜まつりが4月の6,7日に行われました。
花見客は2,000人いったそうで、大盛況でした!

春一番が吹き荒れる中、真っ青な空にルンルンと咲く薄ピンクのソメイヨシノ♪
強風に負けない強い強い桜の樹に、大きな力を感じました。

そんな桜並木では、町民劇で100歳音頭を踊ってくれた踊りの会の「Hula」があり、
「よさこい」では、町民劇メンバー、和夫役の山本さん、イノ父役の亮さんが飛び跳ねていました!


2中の校庭で行われたステージ会場では、テントは飛ぶは、テーブルは飛ぶはの中、
必死で語る会メンバーの出したお弁当を食べ、私はヘリで富岡上空を飛んできました!

昨年は、桜の開花と、お祭りがズレてしまいましたが、今年はバッチリ!

八分咲かなぁ〜とてもいい感じでした!




笑顔満開の和夫役 山本さん



風ニモマケズ イノ父役 亮さん



Hulaチーム ワロハ



空から見た会場(2中校庭)と桜並木

この度なんと、なんと、なんと
300人のお客様を動員し、無事、
町民劇「ホーム〜おばあちゃんが帰る日〜」を、
上演することが出来ました!

応援してくださった皆様には、
関係者一同心から御礼申し上げます!


すっごい感動したぁ〜〜

キャストも裏方も素人ばかりの町民劇でみんな仕事持ち。
稽古に全員が集まれる日は本当に稀。

主役が不慮の事故で骨折したり、、、
インフルエンザが蔓延したり、、、

そんなこんなで迎えた本番はなんと大雪!!!笑

大変なことばかりでしたが、実際に終演を迎えると、、、

「富岡はこれから始まるんですね」
「帰ってきてよかった」
「次いつやるの?」
「違う場所でも公演して!」

というお声をいただいて、、、
本当に上演して良かったと思っております。

それもこれも皆様のあたたかいご支援のおかげです。

深く、感謝申し上げます。

「帰ってきても
 帰らなくても
 迷っていても
 町はいつでも
 あなたを待って
 ここにある!」

それでは、またいつか、どこかで笑顔でお会いしましょう^^

富岡町3・11を語る事務局一同
町民劇のブログはまだまだ続きます!

当会ページをご覧の皆様
こんにちは!ミユキです^ ^

さあ

いよいよ

明日ですよ!!!

今日はキャストも裏方もバッタバタ!

ゲネプロですから!!

私は楽屋係として走り回っておりましたが、今日は撮影係でした!

通しでみるのは今日が初めて。
台本はなんとなーく頭に入っているので、よし!撮影に集中だ!!と臨んだゲネプロ。





いやー
良いです。本当に。
(なので今日は真面目に書きますね)

あんなに、セリフが覚えられないと言っていた方が

歌がうたえないと言っていた方が

スタッフ希望だった方が

初めての読み合わせで話せなかった方が

舞台で一生懸命発信しているのをみた瞬間涙(と鼻水)が止まりませんでした。

これは舞台裏をみてきたスタッフだからなのかな?と思ったんですが、すぐに違うなと気付きました。

素人だらけの町民劇

でも、舞台に立ったら素人も玄人も関係ない。

一生懸命役に向き合って

めいいっぱい

せいいっぱい

表現してるのが本当に伝わりました。

空飛ぶスーパーヒーローは出てこないし、失敗しない外科医や勝ち続ける弁護士がでてくるわけではありません。

この物語は
「私」の「あなた」の「あの子」の「彼」の物語です。

観た後に、心に小さなろうそくをそっと灯したような優しい暖かさが残るはずです。

きっと明日、お客様にも伝わると思います^ ^

キャスト・スタッフ一同、皆さまのご来場心よりお待ちしております!

インフォでの最後の通しが終わりました!

四家先生も厳しく丁寧に指導してくださいました。感謝!感謝!です!!

野崎さんも本番直前ということでダメ出しに熱が入ります。

そんな中別の意味で焦る人達が2名、、、
文健さんと青木先生、、、

彼らが手にしていたのは、、、

そう、海役愛ちゃんと桃子役華澄ちゃんのお誕生日ケーキ!!!

1/24が誕生日の華澄ちゃんと1/23が誕生日の愛ちゃんのサプライズバースデーです!!

しかし!!!
終わらないダメ出し、、、

文健「先生、、、ろうそくが残り半分です、、、、」

青木先生「!!!!(野崎さんに巻いてのジェスチャー」

野崎さん「(あ、やべ)はい、じゃあ今日のダメ出しはここまで。今日1番出来てなかった桃子と海、前に出て」

走る緊張、止まらない冷や汗。


突如暗くなる部屋

焦る桃子と海

そして、、、流れるバースデーソング♩
(平山さんありがとうございます!)

桃子と海が抱き合って泣いているのを見たら、最高に幸せになりました!


幸せは皆で一緒に味わうのが一番だね!

いよいよ本番じゃあー!!!

インフルエンザの診断を受けたメンバーが続々と出てきてます。
正直、ものすごい不安と危機感に駆られます。が、ここで諦めないのが今回のチームのメンバーです。

お大事に!とか、ゆっくり休んでと言葉で言っても、内心、どうなるんだろう!と思ってるはず、だったら本音で言っちゃおう‼待ってるから、本番までにもどってきて!と。

だって、頑張ったんだもの。朝から夜まで。泣きながらがんばってきたんだもの。
その頑張りを、たくさんの人に伝えたいでしょう!

だから。

当会ページをご覧の皆様こんにちは!
事務局のミユキ(以下、ミ)です('ω')ノ

本番までもう少しということで、更新ペースもアップアップ♪
キャストインタビュー第8弾は「賢人」役の舩木時飛(以下、時)さんです\(^o^)/
パチパチパチパチ〜〜

ミ:こんにちは!舩木さんはキャストインタビュー第7弾ゲスト山本さんのお仕事の後輩なんですよね?('ω')

時:そうです!

ミ:実は舩木さんが町民劇に参加される前山本さんから電話がかかってきて「後輩を連れてってもいいですか?」と聞かれたんですよ〜。当時の町民劇は男子不足で、それはもう本当にありがたかったです!

時:そうだったんですか(笑)

ミ:山本さんて凄く熱い方ですよね!そんな山本さんの後輩
ということはきっと舩木さんも富岡の復興に並々ならぬ熱い想いがあったことでしょう!(泣)
富岡でこんなことをしたい!あんなことをしたい!きっとそんな想いが舩木さんを動かしたことでしょう!!(泣)

時:上司の山本さんに愛媛ミカンで釣られました(笑)

ミ:、、、、え?、、、ミ、ミ??

時:愛媛ミカンで!!!

ミ:そ、そうでしたか、、、、!(さっきの感動的なくだり一切通用しなくてわろた)
でもまあ参加理由は人それぞれですもんね!!!(必死)
役はどんな感じで決まったんですか?

時:入った時には決まってました!(笑)

ミ:そ、そうだったんですか!(町民劇あるあるキターーーーーーー役がぬるっと決まるパターン)
じ、実際演劇をやってみてどうですか??(汗)

時:自分以外の人になれるのは楽しいです!

ミ:それが演劇の醍醐味ですよね(^^)!(やっとインタビュー感でてきた)
やはり演劇未経験ならではの苦労とかありましたか?

時:そうですね!
歌と「沖縄のある方言」に苦労してます(笑)

ミ:賢人は沖縄県民なんですよね('ω')
実はこのある方言が「和夫」の考えを変えるきっかけに
なるんですよね('ω')ノ
では最後にこちらをご覧の皆様に一言お願いします!

時:観に来て頂いた方に自分たちの町に県外からこういう人が仕事しに来ているんだなあと、そういう印象が残せればなあと思います!

ミ:そうですよね(^^)
富岡町たくさんの人たちの力を借りて前に進んでるんですもんね!
賢人って一体どんな役なの!?和夫を変化させたきっかけの沖縄の方言てなに?!
ぜひ劇場でご覧ください!!

つづく